YU YAMAUCHI EXHIBITION  “PLANET”
終了まで 1

YU YAMAUCHI EXHIBITION “PLANET”

  • 日 程 :2021.07.10(土) ~ 2021.08.01(日)
  • 会 場 :TAGSTÅ GALLERY
  • 時 間 :-
  • 入場料 :無料

【 YU YAMAUCHI EXHIBITION “PLANET” 】

7月10日(土)~8月1日(日)

モンゴルで観た彼の中の迸る情熱。
あなたにとって自然となる原点とは?
TAGSTÅ初の個展となる山内悠。
どうぞお楽しみください。

地球の創生を思わせるような鉱物の世界、自然と共存し原始的な暮らしを営む遊牧民、現代の文明を享受する都市、そして、どこか既視感のある未来を彷彿とさせる砂漠の風景。
旅を終え、撮影した写真を並べてみると、そこにはこれらの光景が表われていた 。
自然と人間が調和する世界を求めて始まった旅は、モンゴル全土、中国の内モンゴル自治区を巡った。旅は僕自身の目的を追いかける中で、いつのまにか思わぬ場所を行き来するものになっていた。
これらの写真は横に並ぶことで、あたかも人類の歩みを俯瞰するようにも感じられるが、実際にはそれぞれの世界が、同時に、同じ国の中ですぐ隣り合わせに存在していた。
あらゆる世界が並行して存在し、並行した異なる「いま」を生きている。それは宇宙に広がる惑星から、地球全ての場所、家族や個人、心の内側に至るまで、 無数の世界がいま此処に隣り合わせに存在しているということだ。 時間という過去や未来も、理にかなう直線的な実態はなく、全ては出来事でしかない。 相対的な「いま」という点として、互いに秩序なく隣り合わせに在るだけだ。
すべてが「いま」という瞬間に存在している。 僕たちがいま此処に在るということ。それは、すべての瞬間における無限の選択の集約である。
世界は常に「いま」という時の中で無限に形成されていく。
まるで無数の惑星のように。

The world filled with minerals that evoke images from Genesis,
Nomads living out in nature with simple and primitive ways of life,
A city of modern civilization,
The view of the desert that resembles an image of the future, but somehow, brings me a sense of reminiscence.
After the journey, I spread out my prints and they showed me these images.
My journey to find a world where nature and human beings peacefully harmonize extended to the whole country of Mongolia, including the Inner Mongolia Autonomous Region of China. In pursuit of my goal, traveling led me over and over to a land that I didn’t expect to be at.
When you align these images, it seems like you are tracing the history of human beings, however, each reality existed at the same time, in the same country, in close proximity.
Every reality exists simultaneously and we live each‘moment’within each world.
Meaning that there are numberless worlds existing in close proximity at this very moment; planets scattered to the vast reaches of outer space, places on every corner of Earth, families, individuals, and their thoughts and ideas. There is no past or future, nor the evidence that time is proceeding linearly, therefore all things are just events. They just exist as a relative point called‘now’ without order and meaning.
All the events exist at the moment called‘now.’
We are present in the here and now with the assembly of numberless decisions at every given moment.
The world is endlessly formed within‘now,’ Just like the numberless planets.

PROFILE_

  • 山内 悠(やまうち・ゆう)

    1977年、兵庫県生まれ。長野県を拠点に国内外で作品を発表している。
    独学で写真をはじめ、スタジオアシスタントを経て、富士山七合目にある山小屋・太陽館の滞在中に撮り続けた作品をまとめた写真集『夜明け』(赤々舎)を 2010 年に発表。2014年には、太陽館の主に焦点をあてた山小屋での日々を著した書籍『雲の上に住む人』(静山社)を刊行。2020年、5年をかけて撮影し続けたモンゴルの写真をまとめた『惑星』を出版。

    OFFICIAL SITE →