“PURITY”   body – photo – video exhibition by Taiwanese artists, Sharol Xiao and Shantel Liao.

“PURITY” body – photo – video exhibition by Taiwanese artists, Sharol Xiao and Shantel Liao.

  • 日 程 :2020.08.28(金) ~ 2020.09.13(日)
  • 会 場 :TAGSTÅ GALLERY
  • 時 間 :-
  • 入場料 :無料

TAGSTA | Gallery presents:

“PURITY”
body – photo – video exhibition by Taiwanese artists, Sharol Xiao and Shantel Liao.

アジアで唯一同性婚が認められている台湾、自由で想像力に富んだ台北から、
Z世代の女性アーティスト二人を紹介します。

PROFILE_

  • Sharol Xiao (シャロル・シャオ)

    Sharol Xiao (シャロル・シャオ)は小学校の先生から体罰を受けることに快感を覚えてから、性的欲求と芸術の間には明確な区別はないことを自ら認め、写真やビデオでポートレート作品を発表しています。20歳から動物病院で働きながら、ポートレートモデルとして自己表現を追求した写真を発表。23歳、中古オートカメラを入手、10秒タイマー自撮り写真シリーズを発表します。。翌年、2018年「Wonder Foto Days」 という台湾最大のフォトフェアーに出品、ヌードや生活のプライバシーを自撮りした彼女の写真は一気に話題となりました。その2ヶ月後には東京のギャラリーから写真集出版のオファーがあり、同年9月に初の写真集「I AM SHAROL」が台北から出版されました。翌年の秋には Sharolの日常を記録した短編映画「I AM SHAROL」が台北国際映画祭初日に
    SPOT光點台北電影館で上映され や映画界にも彼女の名前が広がりました。
    緊縛SMのパフォーマーとして台湾や香港で人気が高く、Art Basel HongKong参加のギャラリーのためのパフォーマンスを披露しました。

    FB:@sharolxiao IG:@sharol_xiao

  • Shantel Liao (シャンテル・リャオ)

    Shantel Liao (シャンテル・リャオ)は台湾で舞台衣装を学び、主にダンサーのフォトグラファーとしてベルリンやパリを拠点に活動していました。写真家としてヨーロッパ移住をしましたが、表現芸術の本場ベルリンでは彼女のキャリアでは太刀打ちできないことを知り、ヨーロッパで活動するために、ダンサーやモデルの身体に筆文字を描くBody-Calligraphy (ボディーカリグラフィー)を考え、作品写真として発表しました。ベルリンのアンダーグランドのカルチャーがすぐに反応し、撮影依頼がくるようになりベルリンやパリでの個展・グループ展に招待されるようになりました。
    2019年9月パリ市内のギャラリーで開催されたTAIWAN NEW WAVE展に招待され、
    6メートルのコミッション作品を制作しました。
    2020年に台北にアトリエを移し、アートビデオやフォトグラファーとして
    再活動を始めました。

    www.shantelliao.com