CHUS ANTON PHOTO EXHIBITION IN JAPAN

CHUS ANTON PHOTO EXHIBITION IN JAPAN

  • 日 程 :2014.07.16(水) ~ 2014.07.29(火)
  • 会 場 :TAGSTÅ GALLERY
  • 時 間 :-
  • 入場料 :無料

CHUS ANTON PHOTO EXHIBITION IN JAPAN
~ FASHION & DAY DREAM ~

スペイン生まれのフォトグラファー”CHUS ANTON(チュス・アントン)”。
スペインのファッション誌『Vanidad』編集長に見出され、ファッションページの撮影を中心にキャリアを積み、現在はフランス・パリをベースに、ヨーロッパ、日本、アメリカで活躍するアップカミングなフォトグラファーのひとり。
日本では、GINZA、VOUGE girl、NYLON、ELLE girl などのファッション雑誌を中心に、ファッション・ブランドのカタログ撮影などを手掛けてきた逸材。
ポップだがどこか哀愁のある作品は、エモーショナルでゆっくり流れる音楽をBGMに、続きが気になる映画を見ているような感覚にとらわれる。
今回の日本個展では、彼のメインワークの1つである『FASHION』のアーカイブ作品と、彼のインスピレーションの一つである音楽や旅のひとコマを収めた『DAY DREAM』の2テーマで展開。
http://www.chusanton.com/

日程 : 2014年7月16日(水)〜7月29日(火)
会場 : TAGSTÅ GALLERY
時間 : 7:00~20:00

作品テーマ『FASHION』『OTHER』の2部構成で展開予定。 1)FASHION
2)DAY DREAM
*アメリカの出版社からリリースされる彼のMINI PHOTOBOOKも販売予定。

PROFILE_

  • Chus Anton チュス・アントン

    スペイン北部オビエド生まれ、現在はフランスはパリをベースに活動するフォトグラファー。
    12歳の頃、父親から学校で優秀な成績を修めたご褒美としてもらったカメラがきっかけで、写真に興味を持つようになる。
    当時から友だちと写真を撮って遊ぶのが大好きだった。(今も常にフィルムのコンパクトカメラを持ち歩いて気に入ったものや瞬間を撮影している)
    2004年、マドリードを拠点にフォトグラファーとしてのキャリアをスタート。

    インスピレーションの源は、ファッションではなく音楽。Oasis、Blur、Elasticaなど主に90年代のUKアーティストの音楽やアルバムカヴァー、アートワークに強い影響を受け、独学で写真のスタイルを確立する道を選んだ。

    2006年、スペインのファッション誌『Vanidad』編集長に見出されファッションページの撮影を任される。これがファッション誌にフィールドを広げたきっかけだった。これまで手がけたマガジン/クライアントリストは以下の通り。

    日本は憧れの国。
    *クライアントリスト
    Europe:
    Glamour Spain AD Spain Hercules Electric Youth Fanzine 137 EL PAIS Yo Dona Metal Wallpaper UK V magazine Spain
    Buffalo zine
    Nike Ray Ban Loewe Bershka Pepe Jeans Bimba y Lola Universal music Warner music

    Japan:
    ELLE girl Vogue girl Ginza NYLON X-girl Taro Horiuchi
    Lily Brown

    OFFICIAL SITE →