坂口恭平 solo exhibition 『God is Paper』
終了まで 3

坂口恭平 solo exhibition 『God is Paper』

  • 日 程 :2017.08.13(日) ~ 2017.08.21(月)
  • 会 場 :TAGSTÅ GALLERY
  • 時 間 :7:00 ~ 20:00 会期中無休
  • 入場料 :無料

坂口恭平 solo exhibition
『God is Paper』

「…真っ白くて平たい紙がなにか崖の途中にある突起物に思えてきてならない。紙に感謝。-God is Paper-」
坂口恭平

初の作品集となる坂口恭平「God is Paper」が6月15日に刊行され、TAGSTÅではそれに伴い個展を開催致します。
期間中は原画作品の展示、作品集(数に限りあり)の販売、サイン会も行います。

個展期間:8/13~8/21

<坂口恭平アコースティックライブ>
日時:8/19(土)18:00open/18:30start
料金:¥1500(要1Drink)
終演後、坂口本人によるサイン会も予定しております。
予約:info@tagsta.in/092.724.7721

PROFILE_

  • 坂口恭平

    1978年生まれ。熊本出身。
    作家、建築家、踊り手、歌い手、画家。
    刊行された著書「独立国家のつくりかた」はベストセラーに。
    r幻年時代」で第35回熊日出版文化賞、「"徘徊タクシー」は第27回三島由紀夫賞候補に。また2012年にワタリウム美術館にて開催された大規模展覧会「新政府展」ではドローイング、映像、モバイルハウスなどを一挙に展示し現代作家として高い評価を得る。